Japanレポート3.11  (日本語) 単行本 – 2012/10/1

ブランドナー,ユディット 1963年オーストリー、ザルツブルグ生まれ。ウイーンで日本語を学ぶ。オーストリーのラジオを中心に活躍するフリージャーナリスト。1987年に初来日。2009年、2011年には名古屋市立大学客員教授として招かれている

ユディット ブランドナー (著), Judith Brandner (原著), & 1 その他

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あれから2年 フクシマはどうなっているだろう!?日本が大好きなオーストリー・ジャーナリストが問う、原発事故のその後、インタビュー記録集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ブランドナー,ユディット
1963年オーストリー、ザルツブルグ生まれ。ウイーンで日本語を学ぶ。オーストリーのラジオを中心に活躍するフリージャーナリスト。1987年に初来日。2009年、2011年には名古屋市立大学客員教授として招かれている 

ブランドル/紀子
早稲田大学教育学部、ウィーン大学西洋美術史科修士、ウィーン大学東アジア研究科博士卒。現在ウィーン大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Teilen:

Weitere Beiträge

IM GESPRÄCH: Wolfgang Liebert

„Für die Probleme des 21. Jahrhunderts braucht es einen neuen Denkansatz“.Judith Brandner im Gespräch mit dem Risikoforscher, Physiker und Philosophen Wolfgang Liebert 16.02.2023, 21 Uhr

REISE NACH OKINAWA

LESUNG UND SANSHIN-KONZERT The Third Kijimuna –15.12., 19 Uhr 30, Melarium, Wasserzeile 13, 3400 Klosterneuburg

IM GESPRÄCH Gabriele Rasuly-Paleczek

IM GESPRÄCH Gabriele Rasuly-Paleczek, Weltenbürgerin, Zentralasien-Expertin und Humanistin „Faszination Orient.“ Judith Brandner im Gespräch mit der Weltenbürgerin, Zentralasien-Expertin und Humanistin Gabriele Rasuly-Paleczek. 25. März 2022,

Schreibe mir.

error: Content is protected !!